サテライトオフィスでできること

サテライトオフィスについての情報が満載です!

このサイトでは、サテライトオフィスが持つ特徴について掲載しています。
名前として統一されている中には様々なスタイルがあり、いずれも導入する目的やメリット、求められる環境づくりなど至るところが異なります。
使い方次第ではほとんどが違う仕様になると言っても良いでしょう。
したがってそれぞれの強みを最大限に活かすためには、詳しい内容を知っておく必要があります。
もし将来的な導入を検討しているのであれば、その参考にすると良いでしょう。

サテライトオフィスの環境づくり

サテライトオフィスの環境づくり 営業拠点として本拠地とは別にサテライトオフィスを設置する場合は、最低でも通信環境は整えておいた方が良いです。
事業に必要なのももちろんですが、あくまでも主導は本拠地にあるため、その連絡手段として欠かせないからです。
可能であれば本拠地と同じ環境にしておくと無難でしょう。
そしてサテライトオフィスには、子育てや介護でフルタイム働くことができなかったり、通勤時間がネックになる人に対応するという使い道もあります。
その場合はその人が万が一にも負い目に感じるような環境にしてしまってはいけません。
似たような状況に置かれている人大多数を占めていればトラブルにはなりにくいですが、別の目的を兼ねていれば問題に発展する可能性はあります。
それを未然に防ぐためにも、状況をこまめに把握できる手段が必要です。

人件費の削減などの理由から注目を集めるサテライトオフィス

人件費の削減などの理由から注目を集めるサテライトオフィス テレワークという勤務形態が働き方の一つとして定着しつつある現代では、サテライトオフィスに関する関心も高まっています。
サテライトオフィスとは、遠距離に住んでいる人のために、支店とも違う遠隔勤務専用のオフィスです。
本社や支店とは違うけれど、働き方としては両方と同様の勤務ができるようにするための通信環境が整えられています。
なぜ必要とされているのかといった理由としては、カフェなどでは得られない集中力を高めることができることや、地方に居ながらにして本社にいるのと同様の勤務ができることです。
在宅勤務やモバイルワークの場合、周囲の環境によって勤務が中断し、結果として仕事の効率が下がってしまうことが懸念されています。
在宅勤務の場合、多くの場合働いていないと勘違いする人が多く、家事や雑用を家族から押し付けられることも少なくありません。
また、カフェなどで勤務している場合でも周囲の騒々しさによって集中力をそがれてしまうことはよくあります。
作業を中断させてしまわないようにサテライトオフィスを活用することで、効率よく仕事を進めることが可能だと考える企業が少なくありません。
また、遠隔地からの通勤費を抑えることによって、人件費を削減し、結果として経費節減につながる可能性も少なくないといえます。
在宅でもモバイルワークでもない、新たな形の勤務形態として、今後広がっていく可能性が高いです。

サテライトオフィスの充実は社員の働き方の多様性と向上心を生み出す

昨年から新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務が注目されています。利点としては通勤時の負担軽減や働き方多様性を生み出すことなどが挙げられていますが、問題点も指摘されています。例えば、在宅で働いているとオン・オフをつけるのが難しくストレスが溜まってしまうことや会社のように働くための器材・用具が十分にそろっておらず、逆に効率が悪くなっていまうことなどです。その問題点を解消する可能性があるのが、サテライトオフィスです。サテライトオフィスは勤務者が会社以外の場所で遠隔勤務ができるよう通信設備などを備えたオフィスです。在宅勤務ほどではありませんが、通勤の負担を減らしてくれます。また、会社の小さな支店的な位置づけですので、ある程度の器材・用具も揃っています。さらに出勤の際には同僚とも顔を合わせることができるのがよい点です。作業の効率性だけを求めるならば、必要器材・用具を在宅に備えればいいのですが、働く上では人とのつながりが重要であり、それが社員の向上心につながっていきます。今後、たくさんの人がワークライフバランスを保って人生を楽しめるように、サテライトオフィスの充実が望まれます。

サテライトオフィスの目的を考えて機能を充実させる

在宅勤務が一般的な働き方となっている現代ですが、あえてサテライトオフィスを設ける企業も出てきています。サテライトオフィスを構える目的は、在宅では賄いきれないオフィスの機能を充実させつつ社員の通勤負担を軽減することにあります。また、社員のモチベーションを高めたり、社員同士のコミュニケーションが活発化できるメリットもあります。そのよう目的があることを考えるとサテライトオフィスは、単にネット回線を引いて、机といすを置くだけでは目標を達成できないことがわかります。例えば、オフィス機能として必要な複合機や固定電話、プロジェクターやスクリーンなどがあると仕事がしやすくなります。さらに、リフレッシュできる空間を設けたり、企業イメージに合うカラーを取り入れると、仕事のモチベーションが上がったり生産性が上がるに違いありません。加えて、観葉植物を置いたりBGMを取り入れると、リラックスして仕事に取り組めることでしょう。

サテライトオフィスの参考サイト

サテライトオフィス 神戸

新着情報

◎2021/2/12

通勤時間を削減する
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

拠点を増やすことで負担を減らす
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

通勤負担を軽減する
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 環境」
に関連するツイート
Twitter

オフィス(就労環境)で企業を選ぶ、というのも、いまどきな選択。 / オフィスにさよなら? 新たな「職場」をめぐる記事9選 (日本経済新聞)

オフィス、フレッツ光クロスとUNIVERGE IX2310で10Gbps環境となった

【IT調査会社IDC Japanプレスリリース】 国内オフィスプリント環境導入判断者調査結果

会社、事務オフィスのくせに寒いか暑いか空気籠ってるかで環境としてどうかと思う。

返信先:むっちゃ分かります😫 僕もフルリモートになったら実家で仕事していいか聞いたら、秒で断られました🤣 オフィスを社員の不動産や実務環境に転化して金浮かせてるだけとちゃう?と思ったりしました🤔