サテライトオフィスでできること

サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスのメリット 社会人の仕事上でのストレスは人間関係だけではありません。行き帰りの通勤電車もそのひとつです。自宅から勤務先まで1時間圏内であればよい方といわれますが、首都圏近郊に自宅を購入したり、週末の余暇を優先して移住を希望している人もいます。企業としてはコストを削減することも課題ですが、社員の通勤費の負担は大きくのしかかります。しかし、だからといって都内に居住することを勧めるわけにはいきません。また、通勤時間が1時間半程度であっても首都圏への交通機関はどこも混雑しており、事故やトラブルで交通機関が大きく乱れ、数時間かけて出勤する光景はよくみられます。そのようなリスクを回避できるのがサテライトオフィスです。勤務先に出勤しなくても、首都圏近郊や地方都市にサテライトオフィスがあれば、社員はどこにいても仕事をすることができます。さらに、レンタルオフィスなどセキュリティの面を気にするよりも、関連事業所や勤務先が認めたオフィスを使用することにより安心して業務が行えます。

サテライトオフィスの業務についてメリット

サテライトオフィスの業務についてメリット サテライトオフィスには種類があり、できる業務が違ってきます。専用型の場合は自分の会社やグループで専用の部屋を借りて作用をします。専用の場合は、オフィスの業務と同じ仕事ができるように情報や、通信設備も整えています。セキュリティ面でも安全なことが大事です。
共用型の場合は、複数の企業が一緒に仕事をするのでシェアオフィスやコワーキングスペースと似た形になります。会議室以外は、会社の重要な話はできません。会議室の場合は、予約が必要で料金も別にかかります。たくさんの人が出入りするので、企業秘密にかかわるような仕事はできません。
地方にサテライトオフィスを作ることで、東京から離れて仕事をしたい人もできるようになります。キャリアをいかしながらどこにいても仕事ができるのが魅力です。都市部に事務所を構えると、家賃が高いので維持費がたいへんですが地方なら安い値段でコストが削減されます。自宅から近い場所に、サテライトオフィスがあれば通勤の時間を短縮できます。

新着情報

◎2021/2/12

通勤時間を削減する
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

拠点を増やすことで負担を減らす
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

通勤負担を軽減する
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス サテライト」
に関連するツイート
Twitter