サテライトオフィスでできること

拠点を増やすことで負担を減らす

拠点を増やすことで負担を減らす

拠点を増やすことで負担を減らす サテライトオフィスは単体の企業もしくは複数の企業が協賛をして、各地のいたるところに支社となる拠点を設立することです。このサテライトオフィスは年々利用数が増えており、その背景には従業員の負担軽減があります。
従来において仕事をする場合には、本社もしくは支社に通勤をして仕事をすることになるのです。しかし自宅が本社および死者から遠い場合には、どうしても朝早く起きて移動しなければならないので負担がかかります。早朝出勤は心身の疲れに直結し、職場にたどり着いた時には疲労困憊で効率が落ちてしまうのです。そこで企業が従業員の負担軽減として、仕事ができる設備を設置した拠点を各地に置きます。従業員は自身の住居から近いポイントを指定して、サテライトオフィスに通勤するようにするのです。自宅の近くにサテライトオフィスに通勤する形をとれば、移動の負担が軽減され仕事の効率アップにつながります。そして多数の企業との連携をすると、他業種とのアドバイスにより新商品開発にも役立つのです。

長い通勤時間とおさらば

長い通勤時間とおさらば 突然ですが皆さんはサテライトオフィスというものをご存知でしょうか。今回はサテライトオフィスについて説明します。
まずサテライトオフィスとは「サテライト=衛星」という意味から、企業や官公庁の本拠地又は支社(惑星)に直接出社するのではなく、全国各地にある「ワーキングスポット(衛星)」という普通の事業所とそん色ない機能を備えた所で全国どこでも働けるという国が支援する新しい働き型です。リモートワーク等と混同されがちですが、出社はするという所が違います。この働き方の特徴は大きく分けて2つあります。一つ目は何といっても「通勤時間を大幅に短縮できる」という点です。前述の通りワーキングスポットは全国津々浦々にあるため、労働者はわざわざ感染リスクを負いながら長い時間鉄道やバスで大都市近辺の事業所に出社しなくても自宅の近くにあるワーキングスポットという徒歩や自転車で行ける場所で働けるのです。二つ目は一つ目と重複する所が有りますが、事業所があるなら全国にあるなら国の進める「地方創生」に大活躍する点です。我が国は一極集中が問題視されていますが、サテライトオフィスならこれが解消されます。

新着情報

◎2021/2/12

通勤時間を削減する
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

拠点を増やすことで負担を減らす
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

通勤負担を軽減する
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 時間」
に関連するツイート
Twitter