サテライトオフィスでできること

サテライトオフィスについての情報が満載です!

サテライトオフィスで可能なこと・不便なこと

サテライトオフィスで可能なこと・不便なこと サテライトオフィスを導入すると、本部とは離れた場所を新しい職場にすることができます。
そのため通勤するためにはあまりにも距離が離れている人でも通いやすくなったり、フルタイムとは異なる時間制度を採り入れるなど柔軟な対応が可能です。
基本的には事業の展開というよりも働く人に合わせることが目的なので、生活の事情などでフルタイムでは中々働けないという人でも雇用がしやすくなります。
また支店や営業所とは違い規模が小さくなりがちですが、あくまでも拠点のひとつとして活用できるのも強みです。
ただそんなサテライトオフィスでは、本部と遠く離れていることが足を引っ張る可能性があります。
特に業務上では必須となるコミュニケーションが疎かになりがちです。
現代ではweb会議など便利なサービスが数多く提供されていますが、直接のやり取りにはどうしても及ばない点があります。
さらに本部とは異なる管理体制を作り上げなければならないため、コストがかかりがちです。

サテライトオフィスという新しい拠点での働き方

サテライトオフィスという新しい拠点での働き方 サテライトオフィスの特徴は、企業の本社などに出勤せずに近隣の地域にある事業所や拠点、またはシェアオフィスやレンタルオフィスを借りてサテライトオフィスにすることです。
最近ではオープンスペースのコアワーキングスペースが含まれることもありますが、個人事業主やフリーランスで仕事をしている人が多いため区別されることもあります。
どちらにしろ、サテライトオフィスは通勤時間の短縮や満員電車のストレスから解放されるため大きなメリットがあるといえます。
企業が認めたオフィスであればセキュリティや通信回線の確保の心配もありません。
企業のコスト削減や事業の縮小で、空きスペースができてしまった事業所の一部をサテライトオフィスとして使用すれば効率の良い作業となるはずです。
これからの業務は、拠点という考え方が大きく変わることは間違いないようです。
都心から地方都市へ、人の流れも変わってくるかもしれません。
これらは働き方改革推進の一つとして、国が推進している取り組みの一環でもあります。

新着情報

◎2021/2/12

通勤時間を削減する
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

拠点を増やすことで負担を減らす
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

通勤負担を軽減する
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 可能」
に関連するツイート
Twitter