サテライトオフィスでできること

通勤負担を軽減する

通勤負担を軽減する

通勤負担を軽減する これまでと違う新しい職業の形として提唱されている働き方改革ですが、その一環で新しく取り入れられよう初めているのがサテライトオフィスです。このサテライトオフィスというのは、個人経営者もしくは企業がビルやアパートの一室の権利を購入し設備を整えたうえで仕事場として活用することです。なぜサテライトオフィスを利用する企業が増えているのかというと通勤による負担軽減をするためになります。一般的な企業の就業初めの時間は、平均午前7時から9時の間で行われています。

ただこの時間帯というのは朝の準備が大変なだけでなく、通勤通学のラッシュ時間のため負担が大きくなります。そこでサテライトオフィスを各地に作ることによって、その近くに住んでいる人を購入した部屋で仕事をしてもらうのです。仕事が完了すればデータ送信することで完了し、働いている人は家が近いのですぐに帰宅できるなど負担軽減となりワークライフバランスを整えることができます。

サテライトオフィスは働き方改革の具体案の一つ

サテライトオフィスは働き方改革の具体案の一つ 働き方改革が具体的な形として表れているのは、従業員の出勤状況や通勤にかかる時間の短縮です。これまでは各企業で決められたコアタイムやフレックスタイムで対応していましたが、有給休暇の取得につながらなかったり通勤時間が短縮されるまでには至りませんでした。根本的な勤務形態の改善が求められ、毎日決められた時間に会社に出勤すること自体が見直されることになりました。

そのひとつとして導入されたのがサテライトオフィスです。サテライトオフィスは勤務先が指定した場所を遠隔オフィスとし、通勤時間を短縮して従業員のストレスを軽減することができます。また、テレワークや在宅勤務を導入されても自宅では対応できないと悩む必要もありません。サテライトオフィスなら快適な通信回線や広いオフィスがあり、コピー機やファクシミリなどの設備も充実しています。長時間の満員電車でストレスがたまる毎日から解放されるだけでなく、余暇の時間も確保できるためキャリアアップや自己啓発にも時間を有効に使うことができます。

新着情報

◎2021/2/12

通勤時間を削減する
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

拠点を増やすことで負担を減らす
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

通勤負担を軽減する
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 通勤」
に関連するツイート
Twitter